お知らせ

お知らせ

千葉市保育界にちょっとした事件

  • 2019年11月8日

令和2年度の保育教諭を募集しています。

2020保育教諭求人票その1

2020保育教諭求人票その2

さて、令和2年度,千葉市に社会福祉法人の幼保連携型認定こども園が1つ増えることがわかりました。

詳細は千葉市HPをご覧下さい。(千葉明徳短大姉妹園の明徳土気保育園です)

5年前より新制度が始まりましたが、全国にすでに5千を超える中、千葉市は保育園からの移行が3つ、幼稚園からが2つです。来年ようやく1つ増え、幼保連携型認定こども園は全部で6つになります。千葉市保育界ではちょっとした事件ですが、これを機に急に増えそうです。

幼保連携型認定こども園の時代はすでに始まっています。保育士も保育教諭に変わりつつあります。千葉市の増えない理由がわかりませんが、保育教諭の加配が2あることで保育園より断然働きやすい環境にあります。 とにかく社会福祉法人は堅実です。

見つけた!内閣府発表 令和元年の幼保連携型認定こども園数 

*求人票の数字と若干異なりますが、求人票は内閣府の発表前に独自で調べた数字です。青森県がすごい!東京都は保育所型認定こども園の方が増えていますが園庭の問題でしょう。

 

見学に来て下さい。

当園は開設者が元警察官であったり、千葉県警や警視庁に多くの知り合いがいるので何かの時でも安心して働くことができます。 また、当園は幼稚園経験者が多いのも特徴です。

もちろん新卒も大歓迎! 

小学校に上がるまでしっかり面倒を見るのが本当の幼児教育です。卒園した子どもは生涯先生を忘れません。未満児だけの保育は全部と言っていいほど記憶がないのです。

 

バックナンバー

  • 園日記
  • 子育て支援の様子
  • 採用情報
  • 入園案内

TOP