教育・保育方針

教育・保育方針

幼保連携型認定こども園 打瀬保育園とは

幼保連携型認定こども園 打瀬保育園とは

当園は、平成14年4月に幕張ベイタウンの中で初めて開設された、千葉市から認可を受けた民間保育園でしたが、平成27年度から子ども・子育て支援法により幼保連携型認定こども園に移行しました。

幼保連携型認定こども園とは、幼稚園の機能と保育所の機能を一体化させたもので、これからの新しい子どもの施設になります。
特に3歳以上の園児においては、幼稚園と同様、学年別にクラス編成し、より質の高い幼児教育を受けることができます。

以前の保育所では「保育に欠ける」児童しか利用することができませんでしたが、幼保連携型認定こども園はすべての児童が等しく保育が受けられるようになり、学校としての機能(教育)も付け加えられました。
したがって、乳幼児期における心情・意欲・態度と言った生きる力の基礎を幼保連携型認定こども園では養うことができることが大きな特徴です。

このため幼保連携型認定こども園では、園長はじめ各担任は保育士以外に幼稚園教諭の資格を持たなければならないことや、施設内に園庭がなければならないこと、地域の子育て支援の拠点になること等、保育所にはなかったより高い条件が課せられています。

また、幼保連携型認定こども園は学校法人、または社会福祉法人といった公益法人しか認められないため、また、地域の方が評議員になるため、純粋に地域を担う施設となります。
したがって、子どもの最善の利益が保障され、地域の子育てやその支援を目的とした教育・保育施設としては、我が国においては、最高水準にあるのが幼保連携型認定こども園ということになります。

当法人としては、日本の最先端である幕張新都心に、最も優れた幼児教育ができることを誇りに思い、地域の皆様に応えていくよう全力で努めていきたいと考えています。

教育・保育の目標


心身ともに健康に育てる。



保育目標

保育目標

保育目標

教育・保育の方針

保育の方針

  • 基本的生活習慣を身につける。
  • 丈夫な体、やさしい心、豊かな感性を身につける。
  • 元気でやる気のある子どもに育てる。

幼児教育の基本

幼児教育の基本

幼児教育とは生活指導のことです。小学校のように教科を学ぶことではなく、生活そのものを学ぶことです。

また、遊びを通して子どもが主体的に活動することによって、生きる力をつけてあげることも幼児教育の一つです。

特に認定こども園は、家庭とは違った環境にあることから、いろいろな経験を通して他を思うやさしい心や豊かな感性を養うことが出来ます。

専門的な幼児教育を学んだ保育教諭が、一人ひとりの子どもの発達に合わせ、計画性のある保育を行っていきます。

  • 園日記
  • 子育て支援の様子
  • 採用情報
  • 入園案内

TOP